日本赤十字社様

日本赤十字社サイトリニューアルプロジェクト

  • 戦略立案
  • 情報構造設計
  • サイト構築

プロジェクトの背景

新たな支援者を獲得するために、Webサイトを通じた情報発信力の強化とブランディングが課題に

インターネット利用者が増加し、高齢者の利用割合も上昇しているなど、生活者を取り巻く環境が大きく変化する中で、Webサイトの活用による情報発信力の強化や幅広い世代への事業理解がこれまで以上に重要になっていました。特に、既存支援者の高年齢化や地域コミュニティの希薄化によって寄付額の減少が課題として拳げられるなか、若い世代を中心に新たな支援者をどのように増やしていくかということが大きなテーマとして挙げられていました。
日本赤十字社のWebサイトは前回のリニューアルから5年経過しており、サイト構造やコンテンツ・デザインが、効率的な情報取得や利用者ニーズを満たすものになっていないという問題が散見されていたため、日本赤十字社への関心・信頼の向上、日赤ブランドの再構築、寄付行動の促進など、具体的な成果を創出することを目的にプロジェクトがスタートしました。

プロジェクトコンセプト

利用者ニーズに合わせストレスなく情報取得ができるだけでなく、日赤の“想い”や“熱意”が伝わるオウンドメディアへ

利用者視点でカスタマージャーニーを再定義し、サイト構造・ページ構成・導線等を見直すなど様々な利用者が必要な情報をスムーズに取得できるように改善することで、事業に対する理解・共感を促すだけでなく、トップページを中心に日本赤十字社の想いや具体的な活動内容が的確に伝わるように見せ方を工夫することでブランディングの強化を図りました。
また、近年のインターネット利用におけるマルチデバイス化を踏まえ、サイト全体をレスポンシブデザインで再構築することで、どのような端末でアクセスしても容易に情報取得ができるよう配慮しました。

プロジェクトの成果

寄付や献血・ボランティアの参加など利用者の具体的な“アクション”に寄与

利用者視点でWebサイトの根本的な再構築を図ったことで、寄付行動をはじめ、献血やボランティアなど利用者の行動につながるスムーズな流れを実現。
また、リニューアル前は具体的な取り組みが伝わりづらく、日本赤十字社の想いや熱意が感じられないという課題が挙げられていましたが、トップページを中心に活動内容が一目で分かるよう改善をしたことで、“顔の見える”Webサイトに生まれ変わることができました。
さらに、運用基盤としてCMSを導入し、複数の担当者がITリテラシーに関わらず誰でも簡単に更新が行えるようにしたことで、タイムリーな情報発信が可能となりました。

クライアント名
日本赤十字社
URL
http://www.jrc.or.jp/
日本赤十字社様
利用者ニーズに合わせストレスなく情報取得ができるだけでなく、日赤の“想い”や“熱意”が伝わるオウンドメディアへ
エプソン販売株式会社様
ユーザーの来訪目的と情報ニーズに基づき、分かりやすくてシンプルな「最短情報到達設計」に
トクラス様
社名変更に伴うリブランディング。ブランドロイヤリティの向上を軸に「TOCLAS」ブランドを再構築
三井不動産レジデンシャル様
役割を明確にし、販売促進につながるコーポレートサイトへ
アメリカン・エキスプレス様
オンラインでのポイント交換促進を目的とした「感動体験価値(エクスペリエンスバリュー)」の最大化のためのサイト構築
厚生労働省様
多岐に渡る国民利用者の利便性の向上のための再構築と共通コンテンツ規格の策定
三井不動産レジデンシャル様
ユーザ接点であるデザインや機能の改善、およびサイト運営の効率化
三菱商事様
5年後のウェブトレンドを見据え、次世代の企業グローバルサイトのあるべき姿を目指す
首都圏新都市鉄道様
「TXブランド価値、信頼性向上」「TX利用者の拡大」に寄与する情報提供ツールとしてのWebサイトへ

お問い合わせ

Web戦略策定からサイト構築、オペレーションまで、最適なワンストップのソリューションを提供します。
お気軽にお問い合わせください。

ウェブロイヤリティスコア(WLS)
オウンドメディアの総合力を3つの評価によって可視化することで、オウンドメディアを通じた顧客ロイヤリティ、さらにはそこに影響を与える要因についても客観的に把握し改善につなげることが可能です。
ユーザビリティ診断
徹底したユーザー視点でWebサイトのユーザビリティを100点満点でスコアリングすることで、Webサイトのユーザビリティの問題点を客観的に把握することができます。競合サイトとの比較や、リニューアル前後の比較も可能です。
Insight Finder
Insight Finder
トライベックのUXフレームワークに基づいたリモートユーザーテストにより、従来のユーザー調査に比べて短期間・低コストで、サイト来訪からコンバージョンに至るまでのユーザー行動プロセスにおける“インサイト”を浮き彫りにします。