コンサルティング
クリエイティブ・UX
テクノロジー
データドリブン
マーケティング
サービスについて
サービスについて
オピニオン
オピニオン
トライベック広報
トライベック広報
会社概要
会社概要
社長メッセージ
社長メッセージ
経営理念
経営理念
社名・ロゴの由来
社名・ロゴの由来
役員紹介
役員紹介
地図・アクセス
地図・アクセス
新卒採用
新卒採用
中途採用
中途採用
採用募集についてのお問い合わせ
採用募集についてのお問い合わせ

COLUMN

コラム

「登山部」第3回:高水三山縦走レポート!

2019年7月8日
社内イベント紹介

トライベック「登山部」は、前回の御嶽山を楽しんだ若手メンバーの「まだまだ余裕!」の感想に応え、梅雨前に!と2019年5月25日(土)第3回目の活動をおこないました。
前回よりレベルアップの希望があったため、テーマを「縦走(じゅうそう)」(※1)とし、事前にコースを把握するためのオリエンテーション(座学)もおこなったうえでの実施となりました。
(※1)縦走:尾根伝いにいくつかの山頂を通って歩くこと

今回の計画の前に、キャリア入社のメンバーにも山好き・アウトドア好きがいると聞きつけるたびに勧誘し、今回は新たに4名が参加してくれたので、既存メンバーの欠席がありながらも、仮入部を含め総勢11名での決行です!
縦走登山の目的地は「高水三山(たかみずさんざん)」。その名のとおり、三つの山を登ります。
5月とは思えない夏日となった土曜日、JR青梅線の軍畑(いくさばた)駅に9時頃に集合。ひとりも遅刻せずに、ほぼ時間どおりのスタートとなりました。

最初に目指す山頂は高水山(標高759m)。軍畑駅(標高250m)から約500mの高低差があります。準備運動を兼ねて舗装路はみんなで話しながら、のんびり登山口へ向かいました。
強い日差しの中、涼しげな川沿いを歩いているとついつい水に惹かれてしまい、川原に下りて水遊びなど立ち寄りも少々…。駅から約30分歩いて、いよいよ登山口。ここから本格的な登山となります!

20190708_01.JPG

高水山登山口入り口。まだまだ元気です!

午前中のこの時間、南東の斜面は日光を遮るものもなく、梅雨前の日差しとはいえ、あっという間に汗だくになりました。急斜面で息が苦しく、登山道が渋滞していたこともあり、この時は写真を撮る余裕がありませんでした…。一気に標高400m程登ったのち、やっと木陰の道に出ると、とても涼しく感じました。

20190708_02.JPG

大きな倒木をくぐる

そうしてたどり着いたのが高水山の山頂手前にあるお寺、常福院(じょうふくいん)です。
新緑のトンネルのような階段を上がり、きちんとお参りもしていきます。

20190708_03.jpg

ここまでくると山頂まであと一息!元気のある若手は駆け上がっていきました。最初のゴールです!

20190708_04.JPG

ひとつめの高水山山頂にて。注)売店も水場もありません

しかし、今回は山を三つ越えるのが目的の縦走…登頂を喜んでいる暇はありません。休憩もそこそこに、集合写真だけ撮って次の山へ!
高水山山頂から次の山へは、ゴロゴロとした大岩や木の根に気を付けつつ、時々ロープも使用して急な斜面を下らなければなりません。悲鳴か歓声かわからない声をあげながら進みます。しばらくは、ゆるやかな尾根道を楽しむこともできました。

下ったと思ったらまた登らなければならないのが縦走です。「さっきせっかく下ったのに!」と言いつつ、次の山頂を目指してまた登りです。ようやくたどり着いたのが、三山のうち最も高い岩茸石山(いわたけいしやま)(793m)。ここでやっとお昼休憩をとることにしました。

山頂の平らなところは込み合っていたので、その手前の見晴らしの良い斜面や木陰に思い思いに場所をとり、持参したお弁当をいただきました。雲一つない青空と、新緑の山の稜線を眺めながらの食事は、いつものコンビニおにぎりでも数倍美味しく感じました!

20190708_05.jpg

山頂でのランチタイム。風通しも最高!

頭上の木から尺取り虫が落ちてきて、悲鳴を上げるのはご愛敬。山ですから!
十分な水分とエネルギー補給もしたら、さらにもうひとつの山に移動です。

20190708_06.JPG

ふたつめの岩茸石山山頂にて。ここでやっと中間地点

この山頂からは、またしても急な下り、しかもかなり長い行程となりました。下りでは呼吸は楽なのですが、疲れた足にかなり負担がかかります。足を滑らせたり、踏み外したり、ひやりとする場面もありましたが、なんとか下りきることができました。

20190708_07.JPG

とにかく怪我をしないように…

2度目の急な下りを終えると、また登りの斜面が目の前に立ちはだかります。しかも誰かが「インディ・ジョーンズ…」とつぶやいたほどの、冒険感あふれる岩登りです…!

20190708_08.JPG

軍手なども準備万端で。岩にしがみついて登りました

登って下って登って下って登って…やっとたどり着いたこの日のルート最後、みっつめの山頂、惣岳山(そうがくさん)(756m)。写真を撮ってくださった登山者の方が大変盛り上げ上手で、みんな全開の笑顔の登頂写真となりました。

20190708_09.JPG

みっつめの惣岳山山頂にて

実はひとつめの山から「コンビニは?飲み物買えないの?」と嘆くメンバーがいましたが、今回は前回・前々回と異なり、観光地ではないため、もちろん売店も自販機もありません。十分な水分の持参を推奨していましたが、あまりの暑さに飲み水がなくなったメンバーも…。
しかし、この先は下るだけ!のはずですが、その下りが非常に長かったのです…。
日陰の登山道は斜面が滑るところもあり、足腰に負担がかかります。下山したら何をしたいか?といった話題で疲れを紛らわせ、黙々と長い山道を下りました。口数が減ってくると、「生ビール…」「レモンサワー」など、もはや飲みたいものの単語しか出てきません(笑)

20190708_10.JPG

先が見えない下山道…の登り

ゴールとなったのは御岳駅。ここで帰りの電車を待つ間、もちろん思い思いに冷えた飲み物を購入し、全員での無事の下山を祝って乾杯しました。今回のルートは約9.85Km、休憩を入れて約5時間弱の登山となりました。

この日は登山後に用事があるメンバーがいなかったので、毎回恒例の温泉と打ち上げに全員参加です!
今回も河辺駅前にある「河辺温泉 梅の湯」で汗を流しました。こちらは第2回御岳山の後にも来たコース。前回みんなのお気に入りとなったホルモン焼肉屋で、17時からまたしても2時間半の宴会です!

20190708_11.JPG

慈しむようなまなざしで焼肉を愛でる若手部員

こうして疲労と満足のなか終えた第3回も筋肉痛以外は、全員怪我もなく、無事に登山を満喫し充実の一日を過ごしました!
さすがに今回の縦走という挑戦は一部メンバーを除き、体力的になかなかキツかったようです…。これくらいを上限にしようね、と(主に年長組)皆でしみじみビールを飲みました。
真夏の登山は厳しいので、登る以外にも「山」を楽しみたいという要望もありました。
トライベック「登山部」が次は何に挑むのか…?次回をお楽しみに!

この記事を書いた人

櫻井 美和

記事一覧

トライベック・プロフェッショナルサービス株式会社
ディレクションチーム ウェブディレクター

お問い合わせ

Web戦略策定からサイト構築、オペレーションまで、最適なワンストップのソリューションを提供します。
お気軽にお問い合わせください。

関連コンテンツ