HUMAN INSIGHT CX
リサーチソリューション
コンサルティング
クリエイティブ・UX
制作・オペレーション
テクノロジー
データドリブン
マーケティング
サービスについて
オピニオン
トライベック広報
会社概要
社長メッセージ
経営理念
社名・ロゴの由来
トライベック・ニューノーマル
役員紹介
地図・アクセス

COLUMN

コラム

コロナウィルスがもたらしたコミュニケーションの原点回帰。BtoBデジタルマーケティングに必要なデジタル×ココロとはなにか?

2020年9月1日
マーケティング

20200901_02_01.png

コロナウィルスが私たちにもたらしたものは何でしょうか。それは未知のウィルスという驚異だけではなく、これまでが当然だと思っていた日常や価値観を奪い去ったのです。しかしそれはすべてがマイナスだったのでしょうか。私は必ずしもそうは思いません。デジタルシフトが重要だと叫ばれていた近年において、日本はその取り組みが世界から後れをとっていたと言わざるを得ません。こうした中で、5年後、いや10年後と思っていたような未来が、コロナウィルスによって突然現実にもたらされたのです。非接触・非対面というキーワードは瞬く間に世の中に浸透し、それを実現させるためのデジタルは欠かすことのできないものと認識が広まりました。私たちは、これまでとは違い、はじめて企業のデジタルシフトを「ジブンゴト化」し始めたのです。

一方で急激なデジタル化がもたらす弊害にも目を向けなければなりません。それは人と人とのコミュニケーションが激減するという事実です。オンリーデジタルのコミュニケーションによって、「ココロ」が奪われ、本来人が持つ温かさがコミュニケーションに感じられなくなっていくことが懸念されます。

企業コミュニケーションにおいても同様で、過剰なデジタルシフトは、本来残すべき「温かみ」を感じるコミュニケーションとかけ離れてしまうことがあります。今一度、私たちは原点に戻ってあるべきコミュニケーションの姿を考え直す時期にあります。デジタル×ココロとは何か?BtoB企業のデジタルマーケティング成功のカギはここにあります。

関連リンク

変容する営業シナリオ リモートで欠けた情報を見直せ
デジタルマーケティングの明日

NIKKEI BtoB デジタルマーケティングアワード公式サイト

この記事を書いた人

後藤 洋

記事一覧

トライベック株式会社 代表取締役社長

お問い合わせ

Web戦略策定からサイト構築、オペレーションまで、最適なワンストップのソリューションを提供します。
お気軽にお問い合わせください。

関連コンテンツ