2024年 社長年頭挨拶

  • 会社紹介・その他
2024年 社長年頭挨拶

新年のご挨拶を申し上げます。

新年明けましておめでとうございます。
昨年末、恒例の「2023ユーキャン新語・流行語大賞」では年間大賞に「アレ(A.R.E.)」が選ばれましたが、思えば昨年一年はまさに日本のスポーツが全世界で衝撃を与えていたように感じます。「アレ(A.R.E.)」の阪神タイガースの優勝はもちろん、ラグビー日本代表のワールドカップ躍進、大谷翔平選手の史上最高額でのドジャース入団、そしてサッカー界では久保建英選手や三苫薫選手を始めとするヨーロッパで活躍する選手たちが、全世界で注目されるプレーヤーとなっていることなど、数え上げればきりがありません。私も一人の日本人として誇りに思えるような感動をたくさんもらえました。

こうした世界で躍進している彼らの言葉や行動には一貫した信念を感じます。それは「個の成長がチームの成長につながる」、「個の成長」とはまさに、「個の能力の解放・開花(エンパワーメント)」ではないかと思うのです。それはネガティブな自己中心的でワガママなセルフィッシュな考え方ではなく、向上心と成長への飽くなき挑戦する心を支えるポジティブなセルフィッシュと言えます。「人のエンパワーメント」、それこそが成長に欠かすことのできないキーワードだと確信しています。

「人のエンパワーメント」「Will(意思)」にフォーカスし変革を目指す企業を支援

当社は2001年の設立以来、インターネット時代の経営戦略に不可欠なマーケティング活動をご支援してきました。近年は「エクスペリエンスマネジメント」「デジタルマーケティング支援」「DXプラットフォーム」「メディア・広告代理」の4事業を中心に、多彩なデジタルソリューションをワンストップで提供しています。またシンクタンク機関であるトライベック・ブランド戦略研究所では、様々なリサーチに基づき、お客様ビジネスに役立つ情報を提供しています。

私たちが一貫して重要視しているのは人です。テクノロジーがどれだけ進化しても、常に中心にあるべきは「人のWill(意思)」であり、様々な変革は最終的に「どう変わりたいのか」という人のWillが満たされること「エンパワーメント」に帰結しなければいけません。私たちは「ひとにやさしく、つなぐデジタルを」をパーパスに掲げて、ユーザーオリエンテッドなDXの在り方を追求しています。デジタル技術は人や組織に成長をもたらすための手段であると位置付け、お客様と同じ目線で考えながら、共に課題解決に向かって取り組むパートナーであろうとしています。

私たちのパーパス、それがトライベックの価値です

私たちが「総合型DXコンサルティング企業」を目指す理由は、私たちトライベックが描く未来に答えがあります。そしてその未来に向けた私たちの思いをパーパスとしてリニューアルしました。それがこちらです。

〝ひとにやさしく、つなぐデジタルを
どんなにデジタルテクノロジーが進化しても、つねに人を思いやることを起点とし、デジタル化があらゆるひとにとって、便利さ豊かさを享受できる社会になることです。
だれひとりとして、デジタル弱者をおきざりにせず、分断を解放し、規模や地域、人種を越えて、すべてのひとが笑顔になれる世界を創りだすこと。それが私たちの使命です。
時代の変化、進化とともに生まれる分断。この分断を埋めるものは、ひとを思いやるやさしさです。私たちは、この「やさしさ」を大切に、「デジタル」でつなぐプロフェッショナル集団。日本を、世界を、やさしいデジタルでもっと良い方向へ。私たちはトライベックです。″

私たちの4つの事業領域は一見、方向性がばらばらなように感じられるかもしれません。しかしエクスペリエンスマネジメント事業は「人の気持ちを可視化する」、デジタルマーケティング支援事業は「人とのタッチポイントを創る」、DXプラットフォーム事業は「人の活動を分析し、より良くする」、メディア・広告代理事業は「人に情報を伝える」というように、いずれも人と密接に関係しています。当社のパーパスと強く結びついているのです。
すべてが、人を中心に据えたデジタルライフサイクルを実現するためのものです。4つの事業を通じて、お客様のDXに向けた取り組みに伴走します。

私たちは全社員がこのパーパスを胸にひとつになり、そして前に進みます。希望の光であふれた未来に向けて、歩み続けたいと思います。

トライベック株式会社

後藤 洋

この記事の執筆者

後藤 洋

トライベック株式会社 代表取締役社長

この記事に関するご相談やご質問など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

タグ一覧